大和民族の心の故郷 @ 福岡
 九州は近隣諸国に一番近い日本列島西南端の地です。 NHKの大河ドラマで蒙古
襲来の場面が再現されましたが、その中心舞台が元寇防塁跡のある福岡県でした。
国難、まさに現在の社会情勢を映し出しているようです。
 福岡市は「博多」の呼び名で有名な西日本の中枢都市で、古代から外来文化摂取の
窓口としての役割を果たしてきました。周辺には波涛さかまく玄海灘、古代史のロマ
ンつきない神話の郷でもあり、大和朝廷の時代には外冠の難を守るために大宰府が置
かれました。歴史的には各都市それぞれ独自の発展をしていますが、なかでも福岡市
は本土と九州を結ぶ結節点で、九州の中核管理機関の多くが集中し西日本最大の拠点
になっています。伝統的な祭りやウォーターフロント開発など歴史とトレンドが交錯
するまちなのです。気楽に古代の神々の郷を歩いてみると、不思議に明日の光がさし
て来るような気がします。
 福岡県は山海の幸に恵まれた、稀に見る食の宝庫なのです。海産珍味のメニューも
貝柱や海茸の粕漬、鯛、ふぐ、筋子、明太子などの粕漬、うに製品、有明海の底物で知
られているムツゴロウ、クツゾコ、メカジャ、ワラスポなどの珍味、赤貝、アサリ、
バイ貝、ハモ、アナゴなどの調理食品、イカの塩辛など玄海灘や有明海で採集した原料
で美味しく食べさせてくれます。食品以外にも伝統工芸品など「ふくおかもんが薦める、
よか逸品」が沢山あります。まずは玄海漬さんの製品をご紹介します。経営者の誠実な
姿勢が滲み出ている信頼感のもてる製品には感服します。下のリンク坊やから開きます。
                                             (TAKEDA記・資料の提供は福岡県)
関東地区からの交通アクセスは、
飛行機なら福岡空港まで約1時間45分、新幹線なら5時間4分という距離、寒い時には暖かい
福岡など訪ねるのもよいかな、詳しくは
福岡県で発行している観光ルート案内など沢山あるので、自分流に調べて見るのも楽しいもの
だと思います。次に問い合わせできるところをご案内します。

次のページは社名を押して下さい
 家庭用、手軽なおみやげのご案内は会社名を押してね