カーネーション
CARNATION
材料:(A)カーネーション・花弁輪分、ブランデー・少々、(B)ジヤガイモ・大2、タラコ・大1腹、生クリーム・30cc、溶かしバター・大サジ1、オリーブ油・30cc、レモン汁・中1個分、塩・白胡麻・適量、(C)パン・薄切り8枚、ニンニク・1片、バター・適量。
カーネーションのタラモサラータ
   (4人前)
作り方:@ジヤガイモはゆで、タラコは火を通して皮をむいておく。Aジャガイモを裏ごしし、ほぐしたタラコと(B)の材料全てを泡立器
で空気を入れながら良く混ぜ合わせる。BAに(A)を入れてサックリと合わせる。C(C)でガーリックトーストを作り、その上にBのタラモサラータを塗りつけ、付け合せのケイバー詰めオリーブや、バジルの葉で包んだカキのオイル漬けと一緒に盛りつける。
材料:カレンジユラ・3輪、白板昆布(4cm×12cm)・2枚、サバ・中1尾、米・2カップ、だし昆布(4cm×4cm)・1枚、合わせ酢(塩、砂糖、酒、酢)・適量、しそ・2枚、ガリ(生姜甘酢漬け)・適量。
植物分類:ナデシコ科ナデシコ属 別名:オランダセキチク ジャコウナデシコ
原産地:南ヨーロッパ
花言葉:熱烈な愛、あなたを熱愛する
期間(花どき):5月〜7月
特長:はるか昔から飲み物の香りづけやお菓子作りに使われてきたカーネンションは、母の日としても知られています。この日は得意のお料理やドリンクにしたものをプレゼントするのもステキです。
 ご利用について
花の料理は「食用花きの利用普及」を目的に掲載しています。
ご案内しています食用の花ならどれでもよいというのではありません。「食用として栽培されたもの」と確認できるものだけにして下さい。切り花等観賞用のものは、食用にはできません。またご家庭で栽培される場合には、農薬は使わないで下さい。
ご感想のお便りはE−mail japanfoodnews.co.jpで歓迎します。
資料は財団法人 農産業振興奨励会の提供によります。