お菓子の歴史
 南蛮菓子時代⇒ 京菓子・江戸風菓子時代

 砂糖たっぷり南蛮菓子
16世紀の中頃になると、ポルトガルやスペイン、オランダなどから、砂糖をふんだんに使ったカステラ、ボーロ、金平糖、カルメラビスケットなどの南蛮菓子が到来し、日本にも砂糖菓子の時代が始まりました。
 庶民に人気−駄菓子
江戸時代に入って鎖国政策がとられ、京都では独特の風雅な京菓子が発達しました。徳川将軍の住む江戸でも、これに対して白砂糖を使った上菓子が生まれました。江戸時代の終わり頃には、黒砂糖を使った駄菓子が登場し、庶民の人気を集めました。また、蒸し菓子、干菓子、練菓子といった和菓子が登場したのも、この頃からです。
洋菓子輸入時代
文明開化と西洋菓子
明治時代になると文明開化の波とともに、バターやミルクをたっぷり使った西洋菓子が現れました。しかし、始めのうちは、なかなか日本人の口に合わなかったようです。
 次々に西洋菓子専門工場が・・・・・
明治30年になると、アメリカで西洋菓子の製法を学んだ人たちによって、西洋菓子の専門工場が次々に生まれ、キャラメルやマシュマロ、チョコレート、キャンデーなどがみんなの口に入るようになりました。
次のページへ⇒                            提供・ 日本菓子BB協会