最近は健全で快適な生活環境を壊してしまうことが多いですね。お互いに尊重し当たり前の事を実行出来ていれば、嫌な問題も少ないと思うのですが、なかなか思うように行かないのが世の中のようです。だからといってそのままで良いわけがありません。健全な食生活は快適な人生を歩む基本です。その健全な食生活を守るために、国では、食に関しての法律や指導書を作って、良い生活環境を守るようにしているのです。そこで、どんな規律や法律があるのか、農林水産省や厚生労働省、公正取引委員会、その他の関連機関の協力と資料を参考にしながら、食品表示の役割について考てみました。食品の表示制度には、法律によるものだけでなく、国から通達によるもの、都道府県の条例によるもの、そして業界での自主規制など沢山あり、食生活の安全を守るようになっているのです。しかし近年は、モラルと注意力が欠けてしまったのか、食に関係する大きな事件が続出していますね。ところが事業主が製品に愛情を込めて丁寧に作り上げている製品は、一見極めて平凡に見えても、安心と安らぎを感じます。これらの企業にはあまり問題がないようです。ところが食品のマーケットには、良い食品の種類も量も沢山並んでいますので、折角、良心的な優れた食品があっても、顔の見える真面目なPRがないとわかりませんね、そんな時、商品選定にお役に立てばと努力しているのがJ@FNです。そして知って頂いた良い品に、信頼できる表示がされていて、初めて安心と満足感を味合うことができ、相互信頼性という基本によって健全な食の世界が広がっていきます。そのサポーターとして政府も食品行政の見直しを行い、食品安全委員会を新設するとのことです。また厚生労働省、農林水産省なども虚位表示した企業の早期公表に動き初めています。また公正取引委員会も不当表示行為をした企業名の公表をするなど積極的に活動しています。
食品表示制度 @
食品衛生法(厚生労働省)
食品の安全性を確保するために、容器包装された加工食品、牛乳、乳製品に品名、品質保持期限、保存方法、製造業者名、使用食品添加物等の表示が義務づけられています。
JAS規格制度(農林水産省)
特に必要がある食品について、品質に関する表示の基準を定め、品名、原材料名、内容量、賞味期限、保存方法、製造業者の氏名と住所などを一括して表示するよう義務づけています。
JASとは、APANESE GRICULTURAL TANDARDの略称で、「日本農林規格」の英訳です。
不当景品類及び不当表示防止法(公正取引委員会)
どれも大事な法律だと思うけど
僕にもわかるよえに表示してね
公正な競争確保し、一般消費者の利益を保護するために不当な表示を禁止する法律です。
 このほかにも計量法、栄養改善法、遺伝子組換えに関する品質表示基準や容器包装リサイクル法など沢山ありますが、このホームページでも解説しているものもありますが、これから随時マイペースでご紹介していきます。