落花生の魅力
 良い落花生を食べて健康管理
落花生ミニ知識
 落花生・ピーナッツを原料にした菓子類は、食べだすと、ついつい後を引く不思議な味覚をしています。原産国は外国ですが、なぜか日本の土壌に相性がよく、優秀な新種改良などの成果も高く、千葉県、茨城県、神奈川県など日本各地で特色のある良い落花生が栽培されています。中でも千葉、茨城での生産量が一番多いそうです。しかし国産で採れる落花生の量だけでは、需要に追いつかないほど日本人は落花生が好き。そこで10万屯以上もの生落花生や加工されたものが中国やアメリカ、その他の国から毎年輸入されています。
 全国煎豆落花生協同組合連合会という団体があり、全国の落花生業者の柱となっているのです。日本の落花生栽培の業者の育成と良い落花生の消費の拡大に全国落花生協会も食生活の向上に努力しています。その成果は地道ながら着実に落花生フアンを広げ食生活文化を育んでいます。食のマーケットは、あまりにも沢山の食べ物があり、美味しいものだらけ、そして食の匠らは腕を競って食べる人達を楽しませています。落花生の加工業者も一生懸命に、食べる楽しみを広げています。どの食品にも共通することですが健康的で、美味しく、手頃に安心して食べられる。そんな条件を落花生製品は、十分に満たしてくれます。産地ならではの味覚や加工技術を誇る落花生製品は、バタピーや渋川付きの煎豆が、一番良く知られ基本的な需要層があり、全国各地での定番品となっています。



優れた国産落花生の収穫を期待しよう
注目されている落花生の成分
落花生はピーナッツ、南京豆などとも呼ばれて、誰からも好かれている美味しい食べ物です。その原産地は南米アンデスの東麓とされています。落花生は大変に健康に良い食べ物として、また薬用として原住民によって南米各地に伝えられ、そこから航海者などによって世界に広がっていったのです。日本には明治7年(1874年)に、政府がアメリカから大粒種の落花生を輸入して、各地で奨励したのが農業栽培の本格的な始まりとされています。現在の世界での栽培状況は、アフリカ、アジアでの生産が80%以上となっています。日本国内での最大の生産地は千葉県、茨城県で生産量の約80%を占めています。その他に栃木、宮城、神奈川、静岡、鹿児島などでも栽培されています。長年かけて品種改良を行った千葉半立やナカテユタカなどの品種は、甘みや風味が素晴らしいことから、国内栽培ならではの製品として人気があります。栽培農家では農業技術の研究と改善で、さらに素晴らしい落花生の収穫を目指していますので、これからも美味しい国産落花生が沢山食べられることでしょう。しかし、消費需要は国内生産の収量では足りませんので、お隣りの中国からも沢山輸入しています。
 最近、食生活のなかで、落花生の栄養素が健康に極めて良いことが知られてきたことと、カロリーは高いが、沢山含まれているリノール酸が、植物油であることからコレステロールの心配がなく、それに老化防止のビタミンEも多いことなどから、健康的な食べ物として再認識され注目を集めています。

食品の分類