小豆島佃煮の歴史

 小豆島における佃煮産業発祥の歴史は昭和20年9月26日、
苗羽出身の武部吉次が「いもづる」を原料とした佃煮50貫余を
炊き、阪神方面へ出荷したのが始まりです。
 時は、第二次世界大戦直後、国民は虚脱状態に陥り、深刻な
食糧難と社会不安が日を追って高ぶり、厳しい経済統制の下、
原材料の入手難が続き、閉塞状態にあった小豆島醤油業界に、
一縷の望み渡活路を見出したのが、武部による佃煮の生産出荷
でした。
 武部は永年醤油業に携わつた経験を活かし、醤油を調味料と
した佃煮生産を思い立ち、その原料には、島に豊富で入手容易
な「いもづる」に着目した。かくして小豆島佃煮は、非凡な閃きと
周到な計画、武部の信念と情熱によって創業されたが、成功の
陰に、武部の盟友はじめ多くの同志の販売・生産両面にわたる協力
のあつたことを忘れてはならない。
 その後小豆島佃煮は、伝統ある醤油に支えられ、業界の結束、
努力によって年々発展し、今や我が国屈指の佃煮産地としてその
声価を高めるに至っています。

                        (タケサンフーズ株式会社の資料より)