マカデミアナッツ



<理想的な脂肪成分と快い口あたりの最高級ナッツ>


 マカデミアナッツは、1857年にオーストラリア東海岸の亜熱帯森で発見されました。現在でも山野に点々と野生木があり、ヤマモガシ科常緑性の小高木です。1880年代に防風林用樹木としてハワイに移植され、1930年代にハワイ大学の樹木選択が動機となり栽培されるようになりました。
 商業的利用については、まずオーストラリア市場が開拓され、1970年代末よりハワイ産を含めて世界マーケットが急速に拡大して、現在ではハワイ島で大規模栽培されて主産地となっています。

 果実は直径2cm位の丸形の二枚の外果皮に包まれ、内果皮は非常に堅くその内果皮を除くと淡い黄色の胚乳(仁)が採れる、脂肪分が非常に多い。
 マカデミアナッツの生産は、まだ発展段階にあり、主産地ハワイでは生産量の大部分をチョコレート加工品として輸出し、原料輸出量は少ない。
 原料用としては、原産地オーストラリアに次いで南アフリカ、ケニア、グアテマラ、コスタリカが挙げられます。

栄養成分は、脂肪酸組成の80%をオレイン酸とパルミトレイン酸の一価脂肪酸で占め、飽和脂肪酸は17%と低く、高い酸化安定性があり、ほとんど無色、無臭で理想的なヘルシー食用油であり、また、人皮脂に類似した組成からマカデミア油は、化粧品やスキンケア製品として利用されます。
 淡泊な甘味と快い口当たりで、ローストスナック、高級菓子、チョコレートのセンター材料として、また、キザミにしてアイスクリーム、ケーキなど利用範囲は広く、製菓材料に積極的に使われます。

ナッツの栄養