NEWS・・・・・花粉症への対応
春先といわず、今では一年中何らかの花粉症で悩んでいる人が大変多くなっています。アレネギーは、免疫グロプリンE(lgE)という抗体をつくる人だけにあらわれます。このアレルギーに対しても、黒豆の煮汁が効果をあらわしました。
風邪をひきにくい体質になる
 黒豆の煮汁には、炎症を抑える働きがある不飽和脂肪酸や、腫れをとるビタミンB1などがあります。また、黒豆の煮汁には、抗ウイルス効果を持ち、鼻の粘膜を強化するリジンやビタミンB12、ソヤサポニン、亜鉛、鉄や免疫力を高めるレシチン、リグナン、グリコプロテインなどが含まれています。ですから、黒豆の煮汁をとっていると、風邪にかかりにくい体質をつくることができます。これを黒豆の「きょふう作用」といいます。
黒豆の煮汁はアレルギーを起こしにくい
 アレルギー体質の人は、ふつうの大豆(黄大豆)アレルギー症状を引き起こすことがよく知られています。
黒豆は同じ大豆の仲間であるにもかかわらず、不思議なことにアレルギーをほとんど起こさないことがわかっています。これは、黒豆にはロイコトリエンを作るリポシナゲーゼを抑える物質が含まれており、さらに体内の酵素の排出や、アレルギーの人に増えている活性酸素を除去する黒豆の働きが相まって、アレルギーの予防につながっていると考えられます。
 つまり、黒豆の煮汁なら、アレルギー体質の人でも摂ることができるわけです。栄養分に富み、各種ビタミン類、ミネラル類など体によい成分を多く含んだ黒豆の煮汁を利用できるのは、アレルギーの人にとってうれしい話でしょう。
ノザキクリニック医院長・医学博士・野崎 豊先生のお話