身近なニユース・・・@私たちの体験
 


 
  稲は「命の根」をいみします。私達の健康な体を守ってくれる、大切な食糧です。
 今年も神様と一緒に長い時間をかけて育ててきました御神田のお米が稔りました。氏子のおじさん、おばさん、押元校長先生、区長さん、朝夷小学校の五年生も参加して大勢の方と10月22日に刈り入れを行ないました。
 神様に感謝して、美味しいご飯を頂きます。稲の品種は、私達の先祖が大事に育ててきた現代のお米の源で黒米が「アクネモチ」、赤米が「ベニロマン」という品種です。これからもお米や食品の事も勉強して、自然の恵みを大切にしていきましょう。(写真は参加者の方が撮影したものです) TAKEDA