日本唯一料理の祖神をまつる 食の神様・磐鹿六雁命
            高家神社(TAKABE・SHRINE)     身近なニュース
主祭神
磐鹿六雁命(尊称・高倍神)
いわかむつかりのみこと たかべのかみ
天照大神・稲荷大神を併せ祀
招福・開運・感謝と信頼の絆 を導く高倍神
日本の神話は、大変に人間味があり、親しめます。社の多くは、緑に囲まれた森であり、爽やかな自然環境のなかに神様は鎮座され、人の誕生と共に常に私達の身の回りに居られ、心を和ませてくれます。
神話に登場する神様は、お酒も料理も大好きで、天岩屋戸の前の賑やかな神々の宴会などは、よく知られています。四季を通して収穫された、食べ物の恵みを、降臨された神様に神饌として献じ、そして神様と共に頂く。その恵みは健康で健全な生命の源になって、活力が湧き幸せを招きます。その神饌を美味しく料理して、楽しく頂くように工夫された日本唯一の食の神様・磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)を、祖神として祀るのが高家神社です。このページは、食の神様の前で「感謝と信頼を深める食品」について、高木宮司を始め多くの方々のお力添えにより、常に健全な食生活のリズムを守りながら、皆様と共に学習し新鮮な情報を楽しくご紹介してまいります。そして消費者の皆様と共にお互いのよりよい環境創りをめざして、毎日、一歩一歩、歩んでいるのです。
 昨今、大変に困った食品を造ったり、乱暴な販売をすることで、神様も怒って居られることでしょう。食の素材を収穫する人、加工調理をする人、良い品・良い企業の情報をお知らせする人、販売される人、食べて頂く人、全ての人がお互いに勤労と恵みに感謝して信頼の絆を強くすることを忘れてはならないでしょう。そこには世間を騒がすような迷惑な問題は起らないはずです。(武田)
千葉県南房総市千倉町南朝夷164   続きます