珍味食品・CHINMI (日本食品新聞社での分類)
大衆珍味食品 原料素材が比較的豊富にあるもので、新しい生産技術や常に食生活嗜好を捉え、
大衆の味覚や手頃な価格帯で販売できる嗜好性の強いもの。惣菜や菓子などとの
線引きが難しいものが多い。
伝統加工珍味原材料が少ないか、製造の技が広く受継がれていないもので、希少価値の高いものが多い。
業務用珍味食品外食・宴会などの業務筋で使う、完全調理する前の加工食品が多い。
特産珍味主に原料の採集される場所が特定されるもの。
参加企業の珍味J@FN参加企業の自慢のより良い食品。