我が国の最近の食生活は、健康・栄養についての適切な情報の不足、、食習慣の乱れ、食料の海外依存、食べ残しや食品の廃棄の増加等により、栄養バランスの偏り、生活習慣病の増加、食料自給率の低下、食料資源の浪費等の問題が生じています。「食生活指針」は、このような事態に対処して、諸問題を解決し健全な食生活を実現するため、2000年3月、文部科学省、厚生労働省、農林水産省が共同で策定したものです。
内容解説は下の項目を押して下さい。
1.食事を楽しみましょう。
2.1日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを。
.主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。(調整)
4.ごはんなどの穀類をしっかりと。
5.野菜・果物、牛乳・乳製品、豆類、魚なども組み合わせて。クイズもあります
6.食塩や脂肪は控えめに。
7.適正体重を知り、日々の活動に見合った食事量を。
8.食文化や地域の産物を活かし、ときには新しい料理も
9.調理や保存を上手にして無駄や廃棄を少なく。
10.自分の食生活を見直してみましょう。
参考資料協力・・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・(財)食生活情報サービスセンタ・(財)日本豆類基金協会・食糧農林水産術センター・(財)食品産業センター・(財)日本食生活協会・食を考える国民会議・食品科学広報センター・日本食品新聞社